Exhibition

野口哲哉展 - THIS IS NOT A SAMURAI 群馬県立館林美術館

【展覧会概要】

鎧と人間をテーマに、現代性や人間性を問いかける美術作家、野口哲哉。多様な文化や感情が混ざり合うユニークな世界観は国内外の幅広い層に支持されています。

鎧を着た人物が所在なくたたずんでいるかと思えば、風船を見つめたり、空中に浮かんだり、時にはブランドロゴの付いた鎧を自然に着こなしたり。一見ユーモラスに見える作品は、どこか物悲しい雰囲気を帯びており、そこには目まぐるしく移り変わる文明の中で、喜びや苦悩といった矛盾を抱えながら生きる人間の姿が鋭い視点で映し出されています。

本展では、鎧をまとう人々の彫刻や絵画など、初期から新作まで代表作約180点で、野口哲哉の幅広い思考と精緻な作品に込められた優しさと悲しさ、人間への好奇心にあふれた世界を紹介します。

○現代美術作家・野口哲哉について
1980年、香川県高松市生まれ。広島市立大学芸術学部油絵科卒業後、2005年同大大学院修了。「鎧と人間」をテーマに、樹脂やアクリル絵具を使って彫刻や絵画作品などを制作する。主な個展に「野口哲哉展-野口哲哉の武者分類図鑑-」(練馬区立美術館 、アサヒビール大山崎山荘美術館)、「中世より愛をこめて」(ポーラ ミュージアム アネックス)、「鎧ノ中デ-富山編-」 (秋水美術館 )。著書に「侍達ノ居ル処。」(青幻舎)、「野口哲哉作品集~中世より愛をこめて~」(求龍堂)。CHANELなどの企業とコラボレーションした作品も制作。 2016年、当館に巡回した「再発見!ニッポンの立体」展に5点の作品を出品。

本展は、国内外で高い評価を受けている野口哲哉の、これまでで最大規模の展覧会です。これまで香川会場、山口会場を巡回し、館林会場を経て愛知会場に巡回します。お見逃しなく。

《WOODEN HORSE》2020年 高松市美術館蔵

※施設の利用状況に関しては群馬県立館林美術館のWebサイトをご確認ください

http://www.gmat.pref.gunma.jp/

Place

群馬県立館林美術館
群馬県立館林美術館

広大な自然の中に佇む群馬県立館林美術館は、どこをとっても絵になる素晴らしいロケーションが魅力的。朝から夕方まで、ゆっくりと過ごしたい場所である。