Exhibition

水に浮かぶ島のように
-群馬県立館林美術館の20年 群馬県立館林美術館

【展覧会概要】

北に多々良川が流れ、南西には日本遺産のひとつとなった多々良沼が広がり、水田と湿地に囲まれた広く平らな土地に建てられた群馬県立館林美術館は、「〈水面〉に浮かび上がる〈島〉」がイメージされ、周囲の自然をも取り込んだランドスケープ(景観)がデザインされています。20年経った今も周辺はさほど変わらず、季節のうつろいとともに風に揺れる稲・麦・ガマの穂などがこの土地の原風景を伝え続けています。

2001年10月26日に開館した当美術館は、まもなく開館20周年を迎えます。開館前の1995年に収蔵したフランソワ・ポンポン《シロクマ》に始まり、クレー、ピカソ、シャガール、ウォーホル、南桂子、藤牧義夫、戸谷成雄・・・ 、美術館の歴史とともに徐々に豊かさを増した所蔵品は現在1,200点余りとなり、展覧会の企画にも大きな影響を与えてきました。

本展は、ポップで親しみやすい県立館林美術館の収蔵品の中から選りすぐりの約100点を、この美術館ならではの5つの章構成によって紹介します。また、建設当時の美術館や企画展の記録写真、毎日チェックした新聞・雑誌の切り抜きなどを元に作った年譜によって、美術館の20年を振り返ります。

フランソワ・ポンポン《ヒグマ》1918-26年

※施設の利用状況に関しては群馬県立館林美術館のWebサイトをご確認ください

http://www.gmat.pref.gunma.jp/

Place

群馬県立館林美術館
群馬県立館林美術館

広大な自然の中に佇む群馬県立館林美術館は、どこをとっても絵になる素晴らしいロケーションが魅力的。朝から夕方まで、ゆっくりと過ごしたい場所である。