Exhibition

ブラチスラバ世界絵本原画展
こんにちは(Ahoj)!
チェコとスロバキアの新しい絵本 足利市立美術館

【展覧会概要】

「ブラチスラバ世界絵本原画展」(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)は、スロバキア共和国の首都ブラチスラバで2年ごとに開催される、世界最大規模の絵本原画コンクールです。

本展覧会では、開催国であるスロバキア共和国と、隣国であるチェコ共和国の作家による絵本原画をご覧いただくほか、2019年10月から翌年1月にかけて現地で開催された第27回展(BIB 2019)の中から、各国の作家による受賞作品をパネル展示にて紹介いたします。

もとは一つの国だったスロバキアとチェコの両国は、2020年に日本との交流100年を迎えました。それを記念して、両国の新しい作家に注目し、原画作品のほか、多彩な絵本の数々を展示いたします。

また、日本とBIBとの関わりに目を向けると、第1回展より参加してきた日本は、主要な出品国の一つとして、多くの受賞作家を輩出してきました。本展においては、BIB2019で金牌を受賞したきくちちきをはじめとして、出品した15組の日本人作家の原画作品をご覧いただくとともに、4組の作家に焦点をあて、作品に込めた思いや創作活動の背景をご紹介します。

※施設の利用状況に関しては足利市立美術館のWebサイトをご確認ください

http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/index.html

Place

足利市立美術館
足利市立美術館

集合住宅と併設された美術館。1階と2階は美術館、その上は住居という個性的なつくり。 通るたびに、住んでいる方をうらやましく思う。