Column

轟音印刷倶楽部発足
Tシャツデザインをやってみたい その1

YOUGOOD I'm good

教えてくれる人:YOUGOOD I’m good 竹村裕吾氏
教わる人:新太郎君 11歳(小5) 趣味はゲーム

ある日モカコーヒーで寛いでいると、「最近息子はTシャツのデザインにハマっているみたい」と新太郎君のお母さんから情報を仕入れた。早速モカコーヒーの隣でシルクスクリーンのショップを営んでいるYOUGOOD I’m goodの竹村氏に報告を。「新太郎君に轟音印刷倶楽部のロゴを頼んでみよう」ということになり、今回の企画に至った。第1回目はTシャツのデザイン作成。新太郎君の考える「デザイン」について徹底取材を行った。

Tシャツのインクの仕組みについて学ぼう

―どうしてTシャツのプリントって洗濯をしても色が落ちないと思う?

「剥がれないようにする物っていうか、液みたいな物があるからかな」

―お、惜しいね。

「上からシールみたいなものを重ねているというか。自分でも、この前やり方は違うけど家でTシャツのプリントをやった。その時にシールみたいのがあったから」

―それは転写シートだね。

「それが剥がれない仕組みかな」

―そうだね。油性の絵の具って分かる?

「はい」

―油性の絵の具ではないけれど顔料という物に接着剤(糊のような物)を混ぜた物を使っているよ。そうすることで洗濯しても落ちなくなるんだよ。

「なるほど」

―僕たち(シルクスクリーン職人)はそれを「バインダー」と呼んでいるよ。
(バインダーと絵の具の実物をみせる)

「へぇ、すごい。色によって、接着の力は変わったりしないのですか?」

―中にはあるかもしれないね。そういう時はまた別の薬品を入れるよ。
接着剤には染み込むタイプと上にインクがのるタイプ(ラバータイプ)があるんだ。

「あ、染み込むタイプは裏にも色がある」

(各々の着ている洋服をみて、どっちのタイプか観察する)

―それぞれバインダーの種類が異なるよ。染み込む方は硬く、上にインクがのる方は水っぽい。

「そっか、硬さで変わるのか。なるほど!」

―どっちが好み?

「こういうタイプ(染み込む)はプリントだと思わなかった。インクがのる方しかプリントのイメージがなかったな。あ、内側からみると分かりやすい」

―デザインのイメージでどっちにするか決めるんだよ。

左はインクがのるタイプ(ラバータイプ)、右が染み込むタイプ

版について学ぼう!

―印刷するには「版」が必要です。

「版?型みたいなもの?」

―(実物を見せる)これです。

「おおー!!これでサーって(スキージーの動作)やるんだっけ」

―この台でサーってやるよ。

「あ、Tシャツ用だから肩のところがへこんでいるのか」

―こうやってTシャツを板に着させて版を置いて刷る仕組みだよ。版を触ってみて。

「裏と表の穴の大きさが違うね」

―そう、家にある網戸を想像してみて。それよりもっと目が細かいよ。そして、色の数だけ版をつくる。このTシャツ(上の写真)は白と黒の版をつくったよ。デザインと色を決めながら、どんな版をつくるか考えてみよう。

スキージーでサーってやる竹村氏
版に触れる新太郎君

デザインを決めよう!

―今日は何案持ってきたの?

「4案あります!結構厳選してきました」(iPadをみせてくれる)

―Tシャツのデザインをやってみようと思ったきっかけは?

「絵が好きだから、やってみたい!」

―どんな絵が好きなの?

「どうだろうな、、。usiさんの絵が好き。なっていったらいいのかな『5億年後に意外な結末』とかの絵を描いている人」

―へぇ、それで自分でも描いてみようって思ったんだね。では1案目をお願いします!

「自分は思いついてから描くまでが長いんですよ。その時に色々みていたら動画で似ているのをみつけたから、被ったって思っている、、。描く時間は最長で5時間。これは11分。時短でやってます」

―パクリじゃないから大丈夫だよ!これは目かな?どんなテーマがあるの?

「口と目を融合させました。最近分かったんですけど、人のパーツを描くことが好きみたいで。人のパーツを取ってもう1回付けるというか」

―じゃあこれは人のパーツを一旦バラバラにして、新太郎君の方で合体させたんだね。

「そうです。最近色々考えて耳とかも描くけど、耳って複雑な形で、左右対象じゃないから使いづらくて、、。右と左を付けたら左右対象だけど、単体だと左右対象じゃないから複雑で難しい。でもこれ(口)はデザインしやすいです」

―2案目は、このハートが溶けた感じ?イメージは?

「なんかハートを描きたかった。黒い線だけで描いたけど、再利用して色を付けました。溶けて、滑らかな感じにしたかった」

―溶けている感じにした理由はある?

「いや、なんか描きたいなって時に描いたらこうなった」

―3案目は?

「これはシンプルかもしれないけど、シンプルできれいな絵柄っていいなって思った時に描きました」

―これは天使かな?色は付けなかったんだね。

「線だけでシンプルにきれいにしたかった」

(途中で1案目と似たようなデザインを見せながら)

「あ、これは1番目に見せたやつの最初に描いたやつ。口ってどうやったら自然に描けるかなって思って、最初はここをくぼませるのを実行してなかった」

―最初の方がいいね!

「うん」

―4案目のデザインは?

「人のパーツが好きだから、目玉を何かに見立てたくて、信号の点滅っていうか、電柱から出ている丸いやつ。あれが目に見える」

―人のパーツが好きってことは、人の顔をよく見るのかな?

「うーん、自分の脳内で考えているから、じっくり人のことを見ているわけではない。頭の中でつくっている感じ」

―なるほど~。では、どれにしましょうか。もうちょっと手を加えて形にするならどれにしますかね。そうだな、、1案目いいですね!横尾忠則っぽい。

「はじめは、これに手を付けていたんですよ(笑)」

―へぇ、それも見たいなぁ。この目のデザインは、なんていうか「GO ON」と相通ずるものがありますね。

「最初目の色は、水色にするか迷ったんですよ。そうすると赤と合わないっていうか。目の中に色を入れた時にもしっくりこないので青にしました。あと影を付けてもいいかなって思ったけど、立体感があるとなんか違うなって」

横尾忠則っぽい1案目のデザインに決定!

物静かな雰囲気の新太郎君だが、自身で作成したデザイン案の説明になると、考えていることをたくさん話してくれる。きっと今日も絵を描いているのかな、時短で。

次回は、シルクスクリーンの工場見学へ行きます!

新太郎君と竹村氏のツーショット!

Creator

YOUGOOD I'm good

就職を機に栃木県足利市に移住。 服地のプリント工場で働く傍ら、個人でオリジナル商品の製作、Tシャツなどのプリント加工を行う。適当っぷりとゆる〜い感じが武器。プリントは意外に良好かも…!?