Column

『everything, everything, everything』

HIROYUKI TAKADA

1995年。僕は初めて自分のパソコン(Macintosh Performa)を購入した。イベントのフライヤーデザインをしたり、冊子を作ったりしたかったからだ。今から思えば、文字入力程度しかやらない、実にシンプルに使う程度だったけれど。Adobe関連のソフト(当時はパッケージ版のみ)も世に出回っていたが、僕のPerformaでは到底追いつけない代物であった。やりたいことがある程度はっきりしていたので、すぐにネット環境を整えることはなかった。興味はあったけれど、僕には必要ないと思ったからだ。結局、僕のPerformaは壊れるまでネット接続はしなかった(ていうかあの機種はネットに繋ぐことが出来たのだろうか?)。

少し時は流れて、次に購入したのが1999年頃、iMac G3 snow。従来のパソコンの持つ硬いイメージを一瞬にして打ち破った革新的なフォルム。もはや伝説とも言えるキャッチコピー『Think different』、テレビCMで使われていたローリング・ストーンズの『She’s a Rainbow』、これはもう完全に撃ち抜かれた。これしかないって思った。当時の僕は、冊子を作るとかイベントのフライヤーを作成するとか、一段落していた時期だったので、新しいパソコンを買ったらやはりネットに繋ぐってことになる。ダイヤルアップ接続方式。今みたいに何事も無かったかのように繋がる時代じゃない。繋がっていく過程が音でわかる。なんかもう、世界と繋がるって事だけでワクワクした。

インターネットは君に
愛を伝えるために生まれた
誰もいないディストピアの
どこかで呼んでいる
<ミッドナイトタイムライン>作詞・作曲:浅見 北斗(Have a Nice Day!)

壊れかけのテープレコーダーズ、Have a Nice Day!の遊佐春菜6年ぶりのソロアルバム『Another Story Of Dystopia Romance』は、自身がサポートメンバーとしても活動しているHave a Nice Day!のカバーアルバム。遊佐さんと言えば2020年、b-flower22年ぶりのフルアルバム『何もかもが駄目になってしまうまで』に収録された『僕は僕の子供達を戦争へは行かせない』でゲストボーカルとして歌っていたのがいまだに鮮烈に残っている。そして今年、数々のバンドへの参加、サポート等を経て発表されたソロアルバムは、実に現代にリンクした、タイムリーで味わい深いものに仕上がっている。

僕が初めてネットを使うようになった頃のことを思い出した。極初期段階は某有名オークションサイトでの販売が中心。初めて携帯電話を持ったのもこの頃だったけれど、友達がたくさんいる方ではない(今でもそうだけど)ので、メールのやりとりは少なかった。ネットでレコードが買えるようになってから、実店舗に行くことが少なくなった。レコードは「足で買う」ものだと豪語してた頃から思えば、随分変わったなと思う。今もそういう(足で買う)気持ちは変わらずに持っているけれど、欲も次第に薄らいでいく感じは否めない。便利になることで忘れていくこともある。それ自体は、産業や経済、僕らの生活水準等、向上していく過程の事なので、否定するつもりは微塵もない。

僕はインターネット 世界と繋がってる
だけどひとりぼっちさ 誰も僕に追いつけない
僕が眠る時は この世界が終わる時さ
その時はどうか僕を 強く抱きしめておくれよ
<everything, everything, everything>作詞・作曲:浅見 北斗(Have a Nice Day!)

2009年。世はブログブーム。インターネットの可能性はここぞとばかり開花していた。有名芸能人も、一般市民も、会社も個人も、大人も子どもも、みんなブログ三昧。勿論そうなれば乗らない理由がない。ネットで「ブログ」を検索して一番上にあったSNSサイトに早速登録。そこから始まる物語は、今の今まで続くことになる。ずっと悶々とした日々を送っていた僕に、ようやく光が射してきた気がした。北関東でネオアコやっても理解者なんて全然いなかったからね。広がりを感じることが出来たのはすべてはネットのおかげ。今こうして原稿書いてるのもすべてネットのおかげ。嗚呼、素晴らしきインターネット。

僕があと20年生きたら、今の時代をどう思うだろうか。

『21世紀インターネット全盛時代。勿論、全てが良かったわけではない。匿名故の誹謗中傷や、それにまつわる様々な災難。炎上なんて昔じゃ考えられなかった。世界が身近になったことで、むしろ肩身が狭くなるようなことも起こりうるという現状。責任あるべき言葉が無責任な解釈に繋がる。表裏一体。すべてこの言葉に集約される。生きにくさと息苦しさ。21世紀初頭、時代の縮図とも言うべきネット主流の社会は、可能性だとか未来へ繋げる為の何かだとか、そういうものを置き去りにして、個人的で閉鎖的なディストピアシティの由々しき産物となりつつあった。勿論すべてがそうではなかったと思うけれど、世の中が便利になればなるほど、古きものが廃れていくのは常である。けれど、そうして文明は進化してきたということは否定すべきではないのだ。僕もその波に乗って生きてきた、小舟に乗った一人の船頭。新しい波に古びた小舟で出ていくほど愚かではない。でも、失くしたものの大きさは、後で分かるものではあるけれど』

いずれにせよ、僕らの世界は止まることがない。
本当に進化すべきなのは、僕らなのだ。

Creator

HIROYUKI TAKADA

群馬県太田市出身。90年代よりDJとそれに伴うイベント企画、ZINE発行等で活動。最新作は冊子『march to the beat of a different drum』を自身のレーベル『different drum records』より発行(2020年より)。コロナ禍以降の音楽と生活を繋ぐコミュニケーションのあり方を「手に取れる」紙媒体にて「無料配布」で行った。自らの活動と並行して、90年代より活動しているバンド『b-flower』の私設応援団『ムクドリの会』終身名誉会長でもある。